「未分類」カテゴリーアーカイブ

宮城県の見どころ

1. 温泉
奥州三名湯のうちの2つが存在。すなわち、鳴子温泉(宮城)、秋保温泉(宮城, 仙台の奥座敷)がある。

2. 湖・沼
伊豆沼。日本最大級の渡り鳥の越冬地。

3. 神社・お寺
瑞巌寺(ずいがんじ)五大堂(ごだいどう): 景勝地松島にある仏堂で、同町にある瑞巌寺の所属。

4. 景色
松島: 宮城県の松島湾内外にある大小260余りの諸島のこと。日本三景の一つ。

佐賀県の見どころ

1. 祐徳稲荷神社

三大稲荷の一つ

2. 吉野ヶ里遺跡

およそ50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡。

3. 唐津城

別名は、舞鶴城(まいづるじょう)。

4. 伊万里焼

5. 唐津くんち
佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭。乾漆(かんしつ)で製作された巨大な曳山(ひきやま)を使う。

6. 嬉野温泉

7. 虹の松原
佐賀県唐津市の唐津湾沿岸に広がる松原。
17世紀のはじめ、唐津藩の藩主である寺沢広高が新田開発の一環として、防風林、防砂林として植樹を行ったもの。

高知県の見どころ

1. 四万十川 (しまんとがわ)

本流に大規模なダムが建設されていないことから、「日本最後の清流」といわれる。
日本三大清流」の一つ。
増水した時に川に沈む欄干のない沈下橋が47個ある。

2. 足摺岬 (あしずりみさき)

四国最南端の地とされている場所。実際にはもっと南の場所が四国には存在する。
ジョン万次郎 (日本人として初めてアメリカに渡り、英語や航海術・測量術などを学んだ後、鎖国時代の日本に帰国) の銅像が立つ。

小京都

日本各地で、街並みや風情が京都に似ていることから、小京都と呼ばれている町が26箇所存在する。各地の大名などが、京都を真似して街を作ってきたのが起源。

[広島県]
安芸の小京都:広島の当方にある竹原市のこと。

網走国定公園

北海道の北東部にあり、サロマ湖、網走湖、天都山(てんとざん)を含む国定公園。

このうち、サロマ湖は、北海道内で最も大きな湖であり、琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目に大きい。
汽水湖では日本最大である。
尚、汽水湖とは、海水と淡水が混ざり合っている湖のことで、サロマ湖のほかに、宍道湖や浜名湖などがある。

RFC 5023: The Atom Publishing Protocol

The Atom Publishing Protocolは、Web resourceをpublishおよびeditするアプリケーションレベルのプロトコルである。本プロトコルは、HTTPを利用してAtomフォーマットの文書を交換すものであるが、Atomフォーマット自体は、RFC4287 “The Atom Syndication Format”にて定義されており、本文書の範囲外である。

本文書では、このAtom Publication Protocolで利用する文書を説明するのと同時に、Web Resourceのpublishおよびeditをするためのプロトコルを定義している。

 

文書の構造の定義

2種類のdocumentを定義している。

  1. Category document: カテゴリのリストを定義。
  2. Service document: ひとつ以上のCollectionをグルーピングしたWorkspaceのリストを定義

CollectionとはResourceの集合体で、そのFeedには、自身のIRIと、member resourceのmetadataが記述される。

RFC5023のSection 8.2の例の抜粋を参考として下記に記載

<collection href=”http://example.org/blog/pic”>
<atom:title>Pictures<atom:title>
<accept>image/png</accept>
<accept>image/jpeg</accept>
<accept>image/gif</accept>
</collection>

また、collectionの中には、利用可能なcategoryを指定することもできる。カテゴリのリストを直接collectionの中に記述してもよいし、href attributeを利用して別の場所で定義したcollectionを参照してもよい。そのリストは、fixedでも、open setでもよく、指定できる。

Collectionの中に記載されるResourceのことを、Member Resourceと呼ぶが、このMember Resourceには、Entry ResourceとMedia Resourcerという2種類が存在する。

 

プロトコルの定義

Atom Publishing Protocolは、Member ResourceをHTTPを利用してretrieve、create、edit、removeするプロトコルを定義している。そのそれぞれのケースに応じて、利用するHTTP methodが異なる点には注意が必要。

  • retrieveするにはGETを利用
  • createするにはPOSTを利用
  • editするにはPUTを利用
  • removeするにはDELETEを利用

尚、POSTを用いてCollectionにcreate requestをする際のツールとして、Slug headerというものが存在する。本ヘッダを利用すると、本ヘッダ中の情報を活用してMember URIを作成してくれる。

 

当面のこのページの使い方

さて、どのようにしてこのページを使うかだが、しばらくの間は、「一日一学」をモットーに、新しく学んだことを少しずつ書き加えていくことにする。ある程度量がたまったら、どういうサイトにしたいかも再考したい。まずはWordpressになれることと、書く習慣をつけるところから開始。