インドの観光名所

1. タージ・マハル
インド北部アーグラにある、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB

2. アジャンター石窟群

断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏教石窟寺院群。
インド最古の仏教絵画といわれる蓮華手菩薩(蓮華を持つ菩薩像)が有名。
右手に蓮華の黄色の花を持った菩薩である。

3. エローラ石窟群

ムンバイの東にあるアウランガーバード郊外の世界的に有名な石窟群。34の石窟が、シャラナドリ台地の垂直な崖に掘られており、5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院(あるいは僧院、僧坊)などから構成されている。観光の拠点はアウランガーバード。

4. ヴァーラーナシー/ベナレス

ガンジス川沿いに位置するヒンドゥー教の一大聖地。
ガンジス川で沐浴をするために多くの巡礼者が集まる。
インド最大の宗教都市である。
街の郊外には、釈迦が初めて説法を行ったサールナートがある。

5. カジュラホ

インド中部にある。
10世紀半ばから建立されたジャイナ教(徹底した苦行・禁欲主義をもって知られるインドの宗教)、ヒンドゥー教の寺院が多数ある。
その外壁には男女合歓(ごうかん)を表現したミトゥナ像が刻まれている。

6. ムンバイ

イギリス植民地時代をしのばせるインド門、民族主義のシンボルであるダージ・マハルホテル、石窟寺院のあるエレファンタ島などで知られるインド最大の商業・湾岸都市。

7. ジャイプル

「風の宮殿」と呼ばれる「ハワー・マハル」、天文台史蹟「ジャンタル・マンタル」を市内に持つ。
風邪の宮殿「ハワー・マハル」では、小窓から宮廷の女性たちが自らの姿を外から見られることなく、街の様子を見たり、祭を見て楽しむことができるようになっている。
また、この小窓を通して風(हवा ハワー)が循環することにより、暑いときでも涼しい状態に保たれるような構造となっており、これがこの宮殿の名前の由来ともなっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB

カンボジアの見どころ

1. アンコール遺跡群
クメール王朝の遺跡群のこと
アンコール・トム、アンコール・ワット、バンテアイ・スレイ、タ・ブローム寺院など、

2. アンコール・ワット
観光の拠点はシェムリアップ。

3. アンコール・トム
バイヨン: アンコール・トムの中心になる寺院。計180面の観世音菩薩像が刻まれている。

4. バンテアイ・スレイ: 東洋のモナリザとして知られるデバター(女神像)

5. タ・ブローム寺院: ガジュマルの根が遺跡を覆いつくしている

長野県の見どころ

1. 妻籠宿 (つまごじゅく)

中山道42番目の宿場で、現在は長野県木曽郡南木曽町。蘭川東岸に位置する。隣接する馬籠宿と、馬籠峠を越える旧中山道史蹟と合わせて木曽路を代表する観光名所として名高い。

尚、島崎藤村ゆかりの地でり、中山道43番目の宿場である馬籠宿(まごめじゅく)は、かつては長野県木曽郡山口村に属していたが、2005年に山口村の越県合併により岐阜県中津川市に編入された。

島根県の見どころ

1. 太皷谷(たいこだに)稲成神社

通称「津和野おいなりさん」。全国で唯一「いなり」を「稲成」と表記するとされる。

Reference:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%9A%B7%E8%B0%B7%E7%A8%B2%E6%88%90%E7%A5%9E%E7%A4%BE

2. 石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山遺跡、温泉津(ゆのつ)温泉などが含まれる。

山形県の観光名所

1. 月山: 出羽三山の一つであり、磐梯朝日国立公園に属する信仰の山。夏スキーが楽しめる山としても知られている。
2. 立石寺(りっしゃくじ): 古来、悪縁切り寺として信仰を集めている。蔵王国定公園に指定されている。

世界三大瀑布

1. ヴィクトリアの滝

アフリカ大陸のジンバブエ(南)とザンビア(北)にまたがる
尚、ビクトリア瀑布国立公園はジンバブウェにある。

2. ナイアガラの滝

北アメリカ大陸のアメリカ合衆国(南)とカナダ(北)にまたがる

3. イグアスの滝

南アメリカ大陸のアルゼンチン(南)とブラジル(北)にまたがる

インドネシアの観光名所

1. ボロブドゥール遺跡
ジャワ島中部のケドゥ盆地に所在する大規模な仏教遺跡で世界的な石造遺跡。世界最大級の仏教寺院。観光の拠点はジョグジャカルタ

2. プランバナン寺院群
寺院群の中心的存在はプラバナン寺院(別名、ロロ・ジョングラン)。古マタラム王国のバリトゥン王(在位898年~910年)による建立と言われる。ロロ・ジョングランは、巨大なヒンドゥー教の祠堂である。

3. ナシゴレン: インドネシアの代表的な料理